全般的に役に立ちそうな資格はある?

資格取得を機に自分自身を見つめ直してみよう!

資格を取る目的をどこに置くか

一口に資格といってもかなりの種類があります。 国家資格、公的資格、民間資格と分けられたり、その資格がなくてはできない業務、その資格がなくては名乗れない名称、その資格を持った者をおかなくてはならないと定められているものといった分け方もあります。 多くの資格の中から、どのようにして選んだらいいのでしょう。

数ある資格の中で何を選ぶか

資格の中には非常に難易度の高いものもあります。当然、評価は高くなりますが、その評価は必ずしも収入に比例するとは限りません。
また、自身の置かれた立場、自身の将来的な目標によって、必要な資格、求められる資格は変わってきます。
これから職業を決めるのであれば、これから需要の増えるであろう職種に活かせる資格を考えるという方向性もあります。
時代の変化に対応して考える場合、今後需要が増えるものとして、メンタルヘルス・マネジメント検定試験、マイナンバー実務検定、社会保険労務士など、職種にかかわらず管理職に向かうに当たって、今後は有利、場合によっては必須となっていきそうなものもあります。

昔から「資格とお金はあっても邪魔にならない」といわれています。資格を取ることが目的になってしまっては残念ですが、この言葉の意味は時代が変わっても通用するものと思います。
試験に通るためだけの一夜漬けのような勉強ではなく、きちんとした知識を得るために勉強をすれば、有資格者であるかどうか以前に仕事や社会に対する考え方が実質的、建設的なものになるはずだからです。
とはいえ、資格のための勉強をするという事は、資格によって大きく異なるとはいえ、時間とお金の投資が必要となります。
投資をするのであれば、リターンを度外視するわけにもいきません。
資格を選ぶにあたって、どのような点に注意したらよいか。その勉強方法・姿勢について、考えてみましょう。

これからの時代に欠かせない資格

資格獲得のための勉強であっても、学ぶという事はそれ自体が人生にとって有益なものですが、「役に立つ資格」といった捉え方をした場合、やはりこれはキャリアアップを目指したものととらえるべきでしょう。 キャリアアップにつながりそうな資格を具体的に取り上げてみます。

人生の目的を明確にする

「役に立つ資格」、これを限定するためには、条件が必要であると考えます。 役に立つとは何を指すのか、そもそも誰にでも共通して役に立つものがあるのか。ここのところです。 そこのところに立って考えたとき、何をもって役に立つと考えるか、また、自分が何者であるかを考える必要があるように思われます。